EAC英語学院

えいごの小部屋

2018年5月

2018.5.4

歌詞で話す

2歳ではまだまだ文字が読めないので、すべての言葉を音でおぼえています。

最近言えるようになった文章がいくつかあります。

“Where are you going?”

“What are you doing?”

“Are you cooking?”

などです。

 

疑問文は私が話しかける時に使っていますが、3つ目の文がどこからきたのか不思議に思っていました。

しばらくしてひらめいたのは、YouTubeで気に入って何度も観ている歌です。

Are you sleeping, are you sleeping, brother John?

という歌詞で始まるBrother Johnのおかげだと気づきました。

sleepの部分をcookに変えて使えるようになっていたのでした。

 

幼児向けの英語レッスンには、歌とチャンツ(リズムに乗せて英語を言う)が多用されています。

普段話す文に歌詞を応用できる力を実感しました。

 

週5回で英語レッスンを行っている園の5歳の子どもたちは、

1週間で1曲をおぼえて歌えるようになりました。

 

大人が音だけでたくさんの曲をおぼえるのはたいへんですが、

YouTubeには歌詞付きの曲がたくさんあります。

一緒に歌えれば、お子さんもとても楽しくうれしいと思います。

文字と音と両方でおぼえてみましょう。